メモリッチは目元のシワやたるみ、クマ対策で人気の目元ケアクリームですが、顔のシミにも使うことが出来るのでしょうか?

ここでは

1.メモリッチは顔に使えるのか?
2.シミ対策に有効な成分が入っているのか?
3.安全性は大丈夫なのか?

これらの事を調べた記事となっています。

メモリッチは顔のシミ対策にも使える!

結論から言うと、メモリッチはシミ対策にも使うことができます

シミって実年齢よりも確実に老けて見られますし、どんどん濃くなるとお化粧でもカバーしきれなくなってしまう厄介なモノです。

では、どうしてメモリッチはシミにも使えるのでしょうか?

シミが起こるメカニズムを知ると、メモリッチが有効なことがわかりますよ。

顔にシミが出来る原因は?

顔に出来るシミは目立ちますが、実は腕や背中にもたくさんシミってあるんです。

でも、腕や背中は服で隠すことが出来るので余り気にしない女性もいらっしゃいます。

しかし顔となると別問題!

シミができる代表的な要因として「紫外線」が挙げられます。


 
紫外線を浴びるとメラニンがたくさんつくられます。

出来てしまったメラニンが正常に排出されればシミにはならないのですが、肌のターンオーバーが乱れていると排出しきれずに残ったメラニンが「シミ」となって現れるのです。

メモリッチで顔のシミに有効な成分は?

シミ対策有名な有効成分と言えは「トラネキサム酸」です。

トラネキサム酸はシミの原因になる「メラニン色素の生成を抑制」してくれる働きがあると言われています。

でも、メモリッチにはトラネキサム酸は配合されていません。

では、どうしてシミ対策に有効なのでしょうか?その答えは「ターンオーバーを整えてくれるから」です。

上記でもお伝えしましたが、紫外線を浴びてシミが出来たとしてもターンオーバーが正常であればシミは垢となって体外へ排出されます。

でも、加齢やターンオーバーの乱れによって上手く排出できないんですよね。

その原因が「肌の乾燥」です。

肌が乾燥すると肌あれやかさつきが起こります。これは肌に潤いがないことにより肌の表面にヒビが入っている状態です。

そうなると水分がどんどんと蒸発してしまい、肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌のバリア機能が低下すると快適刺激にも弱くなり、ターンオーバーが乱れる原因になるんです。

つまり、しっかりと保湿をしてあげることがターンオーバーの乱れを予防するポイント

メモリッチには「3種類のセラミド」と、セラミドの生成を助ける「ビタミンC誘導体3LAG」を配合しています。

3種類のセラミドが肌の外側から肌をうるおして、ビタミンC誘導体3LGAが肌の内側からセラミドの生成を助けることでサンドイッチ状態でお肌が水分を保持できるようになります。

水分が蓄えられた肌はバリア機能が正常になりその結果、ターンオーバーが整えられるんです。

しかし、5日や1週間使ったところで肌のうるおいは感じられてもシミには効果がでませんので、根気強く使うようにしましょう。

安全性は大丈夫?

目元の皮膚は体の中で最も薄いので、特に敏感肌の方は心配になると思います。

メモリッチは8つの添加剤を不使用で作られてい商品。

特に石油系界面活性剤は肌バリアの機能を壊す可能性がある添加物の一つです。

肌バリアが低下すると水分がドバドバと出てしまうので、いくら保湿しても効果がすくないんです。

そう考えるとメモリッチはとことん使う方のお肌を考えた商品と言えますね。

 

関連記事

メモリッチは効果なし?そこに隠された真実とは?